HOME >  インプラント骨移植の前に知っておきたいこと >  インプラントによるトラブルって?

インプラントによるトラブルって?

インプラントは通常の診療メニューとは異なる「自由診療」であるため、技術の至らない歯科医師の施術によるトラブルが問題となっています。国民生活センターにはインプラントにかんする多くの相談が寄せられていて、そのほとんどがいい加減な施術・ずさんな対応によるものです。

インプラント治療におけるトラブル

インプラントが揺れてうまく噛めない

上の前歯にインプラントを入れた方で、上部構造が揺れてうまく噛めないという方がいたそうです。レントゲンで確認すると、インプラントが通常よりも深く、斜めに埋入されており、骨ともうまく結合せず、かろうじて接着剤で繋がっているような状況だったとか。浅はかな知識を持った医師が、骨の形成を待たずに施術したことによるトラブルです。

炎症が治らず、膿んでいる

インプラント手術を受けた後、周囲の歯茎に炎症が見られ、しばらく治らず膿んでいるという方のトラブル事例です。別の医師が確認したところ、インプラントの埋め込み位置が不適切で、手術時の歯茎の処置が十分ではなかったとのこと。インプラントを一度除去して、炎症が収まってから正しい位置に戻すときちんと噛めるようになったそうです。

かぶせ物が外れてしまう

インプラントにかぶせる義歯のことをかぶせ物といいますが、これが頻繁に取れるという患者がいたそうです。これは最初の埋入位置の設定に問題があったために、噛み合わせのバランスが合わず、かぶせ物だけに異様に力が加わってしまう状態になっていたからだとか。最近はコンピューターでのシミュレーションを行う医院が増えたので、ミスがなければこのような問題は起こらないと考えられています。