HOME >  インプラント骨移植の前に知っておきたいこと >  骨移植の流れ

骨移植の流れ

「インプラント」と聞くと、どうしても不安があると思います。しかも、「骨移植」となると「どんなことされるんだろう」「本当に大丈夫だろうか」などの恐怖心もでてくるものです。

ここでは、そんなみなさんの不安も少しでも解消できないかと思い、インプラントの骨移植の流れについて説明したいと思います。実際に私も受ける前は不安でしたが、先生が丁寧に流れを説明してくれたおかげで、だいぶ気持ちが楽になりましたよ。

カウンセリング~前処置

1.カウンセリング・診察
歯科医院で、インプラント治療についての説明・簡単な検査を受けます。検査の内容は各医院ごとに違いますが、「レントゲン撮影」「口腔内診査」「スタディモデル(顎模型)採取」などが一般的です。

この検査の結果にもとづいて、インプラントの「治療内容」「治療期間」「費用」についての説明があります。このとき、自分がどのような治療をしたいのか、予算を含めた希望をしっかり伝えましょう。

また、難解な用語などが出てきたときは、わかりやすいように説明を求めることが大切です。インプラントは自費治療であり、決して安いものではありません。きちんと内容を確認し、納得してから治療をスタートするようにしましょう。

2.精密検査・治療計画の立案
インプラントを確実に施術するために、精密検査をします。口腔内の検査(むし歯や歯槽膿漏、歯肉の状態、歯石の付着など)、骨の状態を見るためのレントゲン撮影をします。レントゲンについては精密なものが必要となるため、CT撮影をすることがあります。また、全身状態をチェックするため、血液検査や血圧などもチェックします。これらのデータをもとに、患者1人ひとりに合わせた治療計画を立てていきます。

3.前処置
インプラント治療をはじめる前に、口腔内の状態を良好にします。むし歯や歯周病がある場合はその処置、歯石の除去、ブラッシング指導などです。歯が抜けてから時間がたっている場合は、噛み合わせの状態が不安定になっている場合もあるため、全体の噛み合わせを調整しておく必要もあります。

このように、治療をはじめてもすぐにインプラントを埋入できるとは限りません。みなさんそれぞれのスケジュールもあるでしょうし、どのような流れで治療が進むのか事前に確認しておきましょう。

骨移植~インプラント手術

◆骨移植手術
インプラント治療に必要な骨量が不足している場合、事前に骨移植手術をします。骨の状態によって骨移植手術の方法は変わってきます(サイナスリフト、ソケットリフトなど)。治療方法によって多少違いますが、だいたいの流れを把握してもらうため、ここではブロック骨移植を説明します。

  1. 局所麻酔をし、自家骨を採取(下顎骨のオトガイ部や下顎枝など)。
  2. 採取した骨をインプラント埋入部位に移植し、スクリューピンで固定。
  3. 移植骨の周囲の隙間に、自家骨を砕いたものや骨補填材を詰める。
  4. 歯肉を縫合し、移植骨が安定するまで4~6ヵ月ほど待つ。
  5. 骨が安定した後スクリューピンを抜き、インプラントを埋入。

基本的に麻酔は局所ですが、不安がある場合は笑気麻酔や静脈内鎮静法を使える場合があるので、担当の先生に相談してみてください。笑気麻酔は吸入する麻酔で、不安や恐怖感が和らぎます。静脈内鎮静法は点滴から鎮静剤を投与する方法。半覚醒状態(ぼんやりした状態)になり、恐怖を感じることなく治療を進めることができます。

◆インプラント手術
移植骨が安定したら、インプラント治療に入ります。インプラント治療の流れは以下の通りです。

1次手術:埋入部分の歯肉を切開し、歯槽骨にインプラントのネジ部(歯根となる部分)を埋め込む。治癒期間としてインプラントが骨となじむのを待つ。この期間は骨の質や部位などによって変わりますが、1~6ヵ月ほど。その間は仮歯を入れ、噛み合わせの状態を調整します。

2次手術:インプラントが骨と癒合したら、人工歯冠を作成するための型取りをします。これと同時に人工歯の色も決定し、いよいよインプラントに人工歯冠を装着して完了です。

術後のメンテナンス

インプラントに人工歯冠を装着した後は、定期的にメンテナンスをしていきます。インプラントは人工のものなのでむし歯にはなりませんが、清潔を保たないと周りにある歯周組織にトラブルが起き、インプラントを維持できなくなることもあるのです。これを防止するために、一般的には1~3ヵ月ごとの定期点検を受け、インプラントの状態や噛み合わせのチェック、清掃をしていく必要があります。

とくに大切なのが、毎日の習慣であるブラッシング。口腔内の衛生状態を保つには、ブラッシングでの「プラークコントロール」が重要です。むし歯や歯周病で歯が抜けてしまった人は、このブラッシングが十分にできていない可能性があります。医師や歯科衛生士の指導をしっかり受け、正しいケア方法を身につけておきましょう。

メンテナンスをしっかり行えば、ほぼ100パーセントの確率でインプラントの維持は可能です。インプラントを長持ちさせるためにも日ごろから意識的に手入れをし、必ず定期検査へ通うようにしましょう。