HOME >  インプラント骨移植の前に知っておきたいこと >  そもそもインプラント治療とは

そもそもインプラント治療とは

インプラントとはどんな施術なのか、治療にはどんな条件が必要になってくるのかをご紹介します。
自分の口の中の状態と照らし合わせて参考にしてみてくださいね。

インプラント治療の利点とは?

虫歯や事故などで失ってしまった天然の歯の代わりに、人工の歯を歯肉に埋め込む施術のことです。口内の状況や個人差はありますが、1本から全ての歯の本数だけ埋め込むことができます。

施術法のおおまかな流れは下記の通りです。

1.顎の骨へと人工の歯の支えとなるボルト(インプラント)を埋め込む
2.顎の骨と結合させしっかりと安定させる
3.人工の歯をボルトの上から固定する
4.周囲の歯の状態を損なうことなく天然の歯と差がない見た目と機能へと再生させる

入れ歯の治療と違い大がかりに思えるインプラント治療ですが、「元の天然の歯のような見栄え」と「よく咬め味わえ美味しい食事ができる」ということがインプラント治療のメリットです。

インプラントには骨が重要!

インプラントをするためには、何が必要でしょうか?…それはズバリ「顎の骨」です。
そもそも治療の際にはボルトを土台となる顎の骨へと埋め込むため、だから顎の骨が必要となってきます。

しかし、顎の骨の薄さといっても人それぞれですよね。
インプラントをしてみたいけれど、顎の骨が薄いから…と断念することはありません。

顎の骨の厚みを出す骨移植術があります。
骨の厚みが足りないとインプラント治療の成功率はガクッと下がってしまいます。
インプラントによる食生活を長く保つための前段階として、骨移植が必要となってくるのです。これにより、骨が少ない人でもインプラント治療が可能となります。